「EDの原因」

EDは以前、インポテンツと呼ばれていました。
インポテンツはドイツ語で性的不能と訳され勃起機能の低下した人の悩みを持つ人に思いやりのない言葉だといわれ、今では英語でErectileDysfunction(勃起不全、性機能障害という意味)の頭文字をとって「ED」と呼ばれるようになりました。

EDとは簡潔に言うと性交時、75%以上の確立で挿入または勃起維持が出来ない状態の事です。

では、その原因とはなんなのでしょうか?

「機能性ED」
まず挙げられるのはこの心因性のものです。
ストレス、過労などEDの原因で最も多いものです。

「器質性ED」
老化による分泌の衰えが原因です。

また、高血圧、糖尿病、心臓病または薬の副作用、喫煙、アルコールの飲み過ぎ、肥満も原因と言われています。

「混合性ED」

機能性EDと器質性EDの原因を合わせ持ったものです。

また、因果関係は明らかとはされていませんが、睡眠時の「無呼吸症候群」の人の80%の人がEDの症状があると証明されています。どうやら睡眠中の男性ホルモンのテストステロンの低下が関係しているということです。

大きく分けるとEDの原因はこの3つに分けられます。

EDだと悩むことでますますストレスになるかもしれません。普段の生活を見直し、医療機関への受診と薬の服用で性生活の安心が得られる事もありますので検討してみると良いと思います。